2015/10/07
 

フォームの入力情報をログに取り込むには

   

みやすい解析では、フォームの入力情報を取得するために必要なJavaScriptの設置を行うことで、フォームの入力情報をログに取り込むことが可能です。

フォームの送信ボタンのonclickイベントに対してオリジナルのイベントを付与することで、フォームの入力内容のログをみやすい解析に送信できます。

【フォームの内容例】

<form action="./form.php" method="post"><br>
	<input type="text" name="form_name" placeholder="名前"/><br>
	<input type="text" name="form_mailaddr" placeholder="メールアドレス"/><br>
	<input type="text" name="form_orgname" placeholder="組織名"/><br>
	<input type="text" name="form_countryname" placeholder="組織の国名"/><br>
	<input type="text" name="form_prefname" placeholder="組織の県名"/><br>
	<input type="text" name="form_cityname" placeholder="組織の市町村名"/><br>
	<input type="text" name="form_content" placeholder="相談内容"/><br>
	<input type="button" name="btn_formsend" value="フォーム送信"/><br>
</form>

【上記のフォームの入力情報の取得方法と記述例】

1.「sibullaSendFormLog」メソッドを使用する方法

 

例えばjquery等を用いて入力内容を取得し、フォーム送信ボタンのonclickイベントに
sibullaSendFormLog」というメソッドを呼び出して入力情報を引数に指定することで、
フォーム送信時にフォームの内容のログを送信します。

「sibullaSendFormLog」の仕様
引数 項目内容
第1引数 顧客ID
第2引数 名前
第3引数 メールアドレス
第4引数 組織名
第5引数 組織の国名
第6引数 組織の県名
第7引数 組織の市町村名

 

●追加するjavascriptのコード例

※以下の例はjQueryを使用しています。

 


$(function(){
	var id = '顧客ID'
		,$name = $('input[name="form_name"]')//名前
		,$mailaddr = $('input[name="form_mailaddr"]')//メールアドレス
		,$orgname = $('input[name="form_orgname"]')//組織名
		,$countryname = $('input[name="form_countryname"]')//組織の国名
		,$prefname = $('input[name="form_prefname"]')//組織の県名
		,$cityname = $('input[name="form_cityname"]')//組織の市町村名
		;

	$('input[name="btn_formsend"]').click(function(){
		sibullaSendFormLog(
		  id
		  ,$name.val()
		  ,$mailaddr.val()
		  ,$orgname.val()
		  ,$countryname.val()
		  ,$prefname.val()
		  ,$cityname.val()
		);
	});
});


 

入力内容の一部のみをログとして送信する場合には、送信しない値の引数には空文字('')を指定してください。

例)例えば、メールアドレスのみを送信したい場合には下記のように指定します。

sibullaSendFormLog(id,'',$mailaddr.val(),'','','','');


 

2.「sibullaSendFormObjLog」メソッドを使用する方法

sibullaSendFormObjLog」メソッドを使用すると、フォームの入力情報をjavascriptのオブジェクト形式で指定することが可能です。
メソッドの引数、及びオブジェクトのキーと項目名の関係は下記の通りです。

「sibullaSendFormObjLog」の仕様
引数 項目名
第1引数 顧客ID
第2引数 フォームの入力情報を表すオブジェクト
「sibullaSendFormObjLog」の第二引数に指定するオブジェクトの仕様
オブジェクトのキー キーに対応する値の内容
1 name 名前
2 mailAddr メールアドレス
3 orgName 組織名
4 orgCountryName 組織の国名
5 orgPrefName 組織の県名
6 orgCityName 組織の市町村名

 

以下は「sibullaSendFormObjLog」メソッドにobjectでデータを設定する例です。

※以下の例はjQueryを使用しています。


$(function(){
	var id = '顧客ID';
	var obj = {
	  'name':$('input[name="form_name"]')//名前
	 ,'mailAddr':$('input[name="form_mailaddr"]')//メールアドレス
	 ,'orgName':$('input[name="form_orgname"]')//組織名
	 ,'orgCountryName':$('input[name="form_countryname"]')//組織の国名
	 ,'orgPrefName':$('input[name="form_prefname"]')//組織の県名
	 ,'orgCityName':$('input[name="form_cityname"]')//組織の市町村名
	};

	 $('input[name="btn_formsend"]').click(function(){
	  sibullaSendFormObjLog(id,obj);
	});
});


 

【フォームの入力情報の反映箇所について】

フォームの入力内容のログをみやすい解析に送信しますと、みやすい解析の解析画面の
[サイト解析] > [組織名・地域分析] 画面の「組織名(プロバイダ以外)」の箇所にフォームの入力内容の中の組織名の情報が反映されます。

 

この機能により、これまでwhois等で取得できなかった組織名情報をフォームの入力情報によって特定することができるようになります。